骨軟部画像診断スタンダード

まずはここから押さえる!骨軟部画像診断のエキスパートが練り上げたMinimal Requirements
骨軟部画像診断のエキスパートにより執筆された、骨軟部画像診断の簡易的かつ包括的なテキスト。疾患を専門医、診断専門医、指導医の三段階にレベル分けし、Essentials(要点整理)、臨床的事項、病態生理・病理像の解説を箇条書きで掲載。また、モダリティごとの画像所見の特徴、典型症例画像の提示・読影のポイントを詳説する。放射線科医、整形外科医の日常診療のガイドとして有用、専門医試験/診断専門医試験対策にも使える。
¥7,150 税込
編集: 青木 純 地域医療機能推進機構群馬中央病院 副院長/放射線科 主任部長 青木隆敏 産業医科大学 放射線科学教室 准教授 上谷雅孝 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 放射線診断治療学 教授 江原 茂 岩手医科大学 放射線医学講座 教授 神島 保 北海道大学大学院保健科学研究院 医用生体理工学分野 教授 杉本英治 自治医科大学 放射線医学講座 教授 福田国彦 東京慈恵会医科大学 放射線医学講座 教授 藤本 肇 沼津市立病院 放射線科 部長
ISBN
978-4-89592-794-9
判型/ページ数/図・写真
B5 頁400 図14・写真329
刊行年月
2014/12/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

1 章 脊椎疾患
2 章 先天奇形,発育異常
3 章 感染症,炎症性疾患
4 章 腫瘍・腫瘍類似疾患
5 章 外傷,障害
6 章 代謝・内分泌疾患
7 章 血液・骨髄疾患
8 章 関節疾患
9 章 その他の疾患

2014 年4 月30 日に「放射線科専門医研修カリキュラムガイドライン」が改訂され「放射線科専門医研修カリキュラムガイドライン 2014 年版」が,日本医学放射線学会から発表された.2014 年から放射線科専門医認定試験と放射線診断専門医認定試験は,本ガイドラインに準拠して出題されている.
放射線科専門医や放射線診断専門医を目指す専攻医から,「骨軟部領域は検査部位が全身にわたることや疾患数が多いことに加えて,指導医の数が少ないために他の領域と比べて勉強がしにくい」との声を聞く.
そのような専攻医の自己学習のニーズに応えるために『骨軟部画像診断スタンダード』を編集することになった.編集には日本骨軟部放射線研究会幹事があたり,執筆は主に同研究会会員が担当した.

本書にはいくつか特徴がある.
1.「放射線科専門医研修カリキュラムガイドライン 2014 年版」にリストアップされた疾患を網羅する形で項目立てを行った.したがって,通常のテキストと異なり総論はない.しかし,「単純X 線写真による骨腫瘍の良悪性の評価」,「骨折の分類・治癒過程・合併症」,「単純X 線写真による関節炎の評価」については系統的な説明が必要と考え,総説的な項目立てとした.
2.「放射線科専門医研修カリキュラムガイドライン 2014 年版」に従い,疾患名の見出しの横に専門医レベル(放射線科専門医認定試験レベル),診断専門医レベル(放射線診断専門医認定試験レベル),指導医レベルの三段階にレベル分けをした.あくまで目安ではあるが,勉強の際に参考になると思う.
3.各疾患2 ページ見開きとし,Essentials(要点),臨床的事項,病態生理・病理像,画像所見,参考文献および症例呈示の構成に統一した.ただし,記載事項が多い疾患はこの限りではないが,読みやすい構成を目指した.項目立てには一部に冗長なところもある.例えば,化膿性関節炎と結核性関節炎を「感染症(3 章)」で取り上げたが,「脊椎疾患(1 章)」においても化膿性脊椎椎間板炎と結核性脊椎椎間板炎を取り上げ
た.また,びまん性骨増殖症(DISH)は「脊椎疾患(1 章)」でも「その他の疾患(9 章)」でも取り上げた.「放射線科専門医研修カリキュラムガイドライン2014 年版」に準拠することで,専攻医にとって勉強しやすいと判断したからである.

本書は基本的に症例集であり,どこからでも読み始められる.また,その日に遭遇した疾患を読み返して復習に使っても良い.放射線診断専門医を目指す専攻医を対象に編集したが,放射線診断医の生涯教育や整形外科実地医家の参考書としても恰好のテキストになったと考えている.
最後に本書の上梓にあたり,多忙のなか,快く執筆いただいた先生方,企画から編集までお世話いただいたメディカル・サイエンス・インターナショナル編集部の正路 修氏と後藤亮弘氏に深謝する.

2014 年師走
編者を代表して   
福田国彦   

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ