LiSAコレクション 症例で学ぶ周術期の凝固・線溶の管理

治療戦略構築のベースとなるロジックを身につけ,周術期の出血と闘え!
管理に難渋する大量出血と周術期血液凝固障害に対して,病態・検査・治療・合併症に関する正確な知識の獲得と実臨床への応用を目指し,さまざまな状況下での急性期の血液凝固障害症例をもとに診断・治療の考え方の筋道と具体的実践を示す。「総論」で凝固・線溶の基本をまとめ,「症例,その前に」でガイドラインと血液製剤について俯瞰,「症例検討」で困難な状況における判断を8つの症例に即し詳述。
¥5,280 税込
編集:香取信之 慶應義塾大学医学部 麻酔学教室
ISBN
978-4-89592-830-4
判型/ページ数/図・写真
B5 152頁 図30・写真5
刊行年月
2015/10/21
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ