ムーア臨床解剖学 第3版

臨床との関わりがよくわかる、学生のための解剖学テキスト
臨床に直結した解剖学という視点に立ち、世界的に高い評価を獲得している『臨床のための解剖学』の学生版テキスト、11年ぶりの改訂。図版、内容とも全面的にアップデート。増頁ながら値下げを実現。「臨床関連事項(青色)」「体表解剖(黄色)」「医用画像(緑色)」の3種類のBOXを適宜配置し、解剖学と診察、診断との関係が明確に整理され、視認しやすいアイコンの使用など学習者に配慮した工夫が施されている。実地臨床で重要となる知識を交えながら医学の基礎としての解剖学が学べる入門テキスト。
¥8,800 税込
原著タイトル
Essential Clinical Anatomy, 5th Edition
監訳:坂井建雄 順天堂大学大学院医学研究科解剖学・生体構造科学 教授
ISBN
978-4-89592-841-0
判型/ページ数/図・写真
B5変 頁760 図649
刊行年月
2016/5/26
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Introduction
1 章 胸部
2 章 腹部
3 章 骨盤と会陰
4 章 背部
5 章 下肢
6 章 上肢
7 章 頭部
8 章 頸部
9 章 脳神経

 本書『ムーア臨床解剖学』は私の単独の訳書として,初版が1997 年に,第2 版が2004 年に刊行された。臨床解剖学の本格的な教科書として,幸いに多くの人たちから好評をもって迎えられた。その後,原書の“Essential Clinical Anatomy”は改訂を重ねて2015 年の第5版まで出版されたが,本書の改訂版の刊行はしばらく見送っていた。というのも,私自身もかつてのように翻訳のために時間を割くことが難しい事情もあり,同じ著者
による“Clinically Oriented Anatomy”の翻訳を『臨床のための解剖学』として2008 年に初版,2016 年に第2 版として刊行したということもある。
 初版以来20 年近くを経て,本書『ムーア臨床解剖学』は,多くの図版を新しいものに改め,コラム記事を追加し,内容を大幅に充実させてきた。本書の親本にあたる『臨床のための解剖学』が,解剖学と臨床医学に関わる多面的な内容を豊富に収めて研修医や臨床の専門家にとっても有用なものとなることを目指しているのに対し,本書『ムーア臨床解剖学』は,医学の基礎として解剖学を学ぶ学生にとって重要な知識を分かりやすい形で提示するという特徴を持っており,その特徴は改訂を重ねてますます強化されている。
 この度,メディカル・サイエンス・インターナショナルのお申し出により,『ムーア臨床解剖学』の改訂版を刊行できることになったのは,まことに嬉しい限りである。翻訳は力量がありかつ気鋭の3 人の解剖学の専門家にお願いし,用語とスタイルの統一,問題となる個所の調整などを,監訳者が行った。訳文については,原書の内容を忠実に反映するように心がけつつ,読みやすい文章になるように努めた。本書が,医学を学ぶ学生に有用なものとなれば,この上ない幸いである。

2016 年5 月
訳者を代表して
坂井建雄

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ