ペコリーノがんの分子生物学 第3版 - メカニズム・分子標的・治療 -

がん初学者に定評ある入門書、新知見を踏まえ全編アップデート
がんの発生から進展にいたる諸過程のメカニズムを、分子・遺伝子レベルで解き明かし、臨床や創薬と結びつけてコンパクトに解説した入門書、好評につき早くも改訂。進展著しいがん研究の「いま」を俯瞰すべく、全章にわたり内容をアップデート。特に近年注目を集めているがん免疫療法に関しては、章を新設し基礎研究を踏まえ詳説。基礎系から臨床系まで、初学者の1冊目として、また、がんプロフェッショナル育成プログラム等の教科書としても最適。
¥5,280 税込
原著タイトル
Molecular Biology of Cancer: Mechanisms, Targets, and Therapeutics, 4th Edition
監訳/訳: 日合 弘 京都大学名誉教授 木南 凌 新潟大学名誉教授
ISBN
978-4-89592-892-2
判型/ページ数/図・写真
B5変 頁400 図・写真140
刊行年月
2017/8/30
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第 1 章  がんの分子生物学への入門
第 2 章  DNA構造と安定性:変異と修復
第 3 章  遺伝子発現の調節
第 4 章  増殖因子シグナル伝達とがん遺伝子
第 5 章  細胞周期
第 6 章  増殖の抑制とがん抑制遺伝子
第 7 章  アポトーシス
第 8 章   がん幹細胞,自己複製と分化の経路の制御: 大腸がんと白血病に焦点をあてて
第 9 章  転移
第10章  血管新生
第11章  栄養とホルモンが遺伝子に及ぼす影響
第12章  がん免疫と免疫療法
第13章  感染性因子と炎症
第14章  技術,薬剤および診断の発達 .

訳者の序
本書は,Lauren Pecorinoによってきわめてわかりやすく書かれた「がんの分子 生物学」の教科書である。本書はまた,生命科学分野の研究者,臨床家,製薬関 係者などにとって最適の入門書であり,しかも最新情報も得ることが可能だ。今 回の改訂においても,全章にわたって詳細な情報のアップデートが行われてい る。たとえば,免疫療法には多くのページがさかれて解説の充実が図られ,血管 新生,感染性因子と炎症などは,新たに独立した章として解説されている。
 この本の最大の特色は,一人の著者によるゆるぎない視点から,多くの異なる 分野の研究成果と今後の発展性について,論理的にしかも読者フレンドリーにま とめられていることである。旧版に寄せられた読者の賛辞もここによるもので あった。さらに,今回の日本語版第3版(原書第4版,2016年出版)を翻訳す るにあたり,がん研究のめざましい進展を実感するとともに,改めて確認したこ とがある。それは,がん研究のゴールは治療戦略の実現にあり,ひたすらそのベ クトルの上に本書は執筆されているということである。現在のがん研究は(他の 医学研究分野でも同様だが) ,正にこの潮流の中にあり,それを当然のことと考 える人は多いであろう。しかし,著者の姿勢は,原書第1版(2005年出版)から, 一貫して変わらず,そうなのである。本書の素晴らしい先見性に感服するととも に,この翻訳に携わることができて誇らしい,と思った次第である。
 最後に,今回もまた,メディカル・サイエンス・インターナショナル社の方々, 特に藤川良子氏,水野資子氏の激励,ご配慮に感謝する。
2017年盛夏 日合 弘/木南 凌

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ