ゲノム 第4版

ゲノムを学ぶなら、この本から。世界のスタンダードテキスト!
●世界的に定評のあるロングセラーテキスト、11年ぶりの改訂第4版。全章を最新知見にアップデート。
●ゲノムについての分子生物学的な知見を、この1冊に凝縮。必ず押さえるべき基本から、ごく最近明らかになった知見まで、驚くほど見事に明快に解説。
●次世代シークエンサー技術やゲノム編集技術、ゲノム発現とその制御、組換えと修復のメカニズム、RNA、トランスクリプトーム、プロテオームの新展開までカバー。

●歯切れのよい文章と、すっと頭に入るカラフルな図が、初学者から、上級者までを飽きさせない。

●原著改訂に際し、レイアウトや文章表現の工夫により頁数は抑えられスリム化し、値下げを実現。

●生物学、医学、歯学、農学、情報学などの広範な分野の学生・院生、研究者、医師、教育者にとっての必読書。
¥9,680 税込
著者
監訳: 石川冬木 京都大学大学院生命科学研究科 細胞周期学分野 教授 中山潤一 基礎生物学研究所 クロマチン制御研究部門 教授
ISBN
978-4-8157-0132-1
判型/ページ数/図・写真
A4変 頁576 図520
刊行年月
2018/9/21
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第Ⅰ部 ゲノムの研究
第1章 ゲノム,トランスクリプトーム,プロテオーム
第2章 DNAを研究する
第3章 ゲノム地図を作成する
第4章 ゲノムの塩基配列を決定する
第5章 ゲノムアノテーション
第6章 遺伝子の機能を同定する

第Ⅱ部 ゲノムの構成
第7章 真核生物の核ゲノム
第8章 原核生物ゲノムと真核生物の細胞小器官ゲノム
第9章 ウイルスゲノムと転位性遺伝因子

第Ⅲ部 ゲノムの発現
第10章 ゲノムへの接近
第11章 ゲノム発現におけるDNA結合タンパク質の役割
第12章 トランスクリプトーム
第13章 プロテオーム
第14章 細胞と個体におけるゲノムの発現

第Ⅳ部 ゲノムの複製と進化
第15章 ゲノム複製
第16章 変異とDNA修復
第17章 組換えと転位
第18章 ゲノムの進化

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ