INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2021年1号

特集:循環器集中治療(Critical Care Cardiology)



循環器集中治療(critical care cardiology)は最近循環器のなかのsubspecialty としても注目をあびており,5 年ほど前から米国心臓病学会(ACC)のCore Cardiovascular Training Statement(COCATS)内にも記載されるようになっております。本特集号ではこの循環器集中治療をテーマとして取り上げ,各領域のエキスパートにより最近の進捗を中心に概説します。



INTENSIVIST0号(創刊当時の座談会の模様)はこちら




  • 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care=JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。

  • 毎号1つのテーマを決め、最新のエビデンスに基づいて、現在わかっていること/わかっていないことを検証、徹底的に解説。施設ごとに異なる診療を見直し、これからの集中治療のスタンダードを提示する。

  • 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。

  • 集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、臨床工学技士、さらには各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。



 










JSEPTIC ホームページ

特定非営利法人 日本集中治療教育研究会


 

¥5,060 税込
〔責任編集〕香坂 俊 慶應義塾大学 循環器内科       林 淑朗 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科/The University of Queensland, Centre for Clinical Research
ISBN
978-4-8157-2009-4
刊行年月
2021年2月
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

はじめに:循環器集中治療の現在と未来
  香坂 俊 慶應義塾大学 循環器内科
 1.心不全急性期治療の呼吸管理:NPPVを成功させる秘訣
  河口 拓哉 武蔵野赤十字病院 救命救急センター
  岸原 悠貴 武蔵野赤十字病院 救命救急センター
  安田 英人 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科
 2.心不全急性期治療の循環管理:時間軸に基づく急性心不全治療
  白石 泰之 慶應義塾大学 循環器内科
【コラム劇症型心筋炎の管理:炎症極期における血行動態の破綻を的確に補助し,自然治癒を待つ
  猪又 孝元 北里大学北里研究所病院 循環器内科
 3.急性冠症候群の救急外来〜病棟での治療:いかに全体的な治療戦略をたてるか
  池村 修寛・香坂 俊 慶應義塾大学 循環器内科
 4.急性冠症候群のカテーテル治療:PCIの適応とタイミング
  青木 二郎 三井記念病院 循環器内科
 5.心原性ショックへの対応:診断・肺動脈カテーテル・薬物療法・機械的循環補助
  山根 崇史 西宮渡辺心臓脳・血管センター 循環器内科
 6.心肺蘇生後の対応:その方法と課題
  江尻 健太郎 岡山大学病院 循環器内科
 7.上室頻拍の急性期管理:機序を考える前に,血行動態の評価を行い治療適応を判断する
  鈴木 敦 東京女子医科大学 循環器内科
  志賀 剛 東京慈恵会医科大学 臨床薬理学
【コラム】徐脈性不整脈の急性期管理:症状の把握とバイタルサインの評価,詳細な病歴聴取が重要
  西原 崇創 ゆみのハートクリニック 循環器内科
 8.心室不整脈の急性期管理:初期対応・初期診断・急性期/慢性期治療・特殊な病態の管理
  里見 和浩 東京医科大学 循環器内科学分野
【コラム】不整脈領域でのカテーテル治療の進歩:心房細動の短時間かつ安全な治療法が確立した
  佐藤 宏行 手稲渓仁会病院 循環器内科
 9.急性弁膜症(僧帽弁・大動脈弁)の管理および治療:早期手術のための評価・検査・診断
  武井 康悦 東京医科大学 循環器内科学分野
10.急性大動脈症候群:定義・疫学・診断・治療
  河野 隆志・竹内 真介 杏林大学 循環器内科学教室
【コラム】急性末梢循環障害:迅速な診断・治療で患者の予後を改善する
  辻村 卓也・飯田 修 関西ろうさい病院 循環器内科
11.肺血栓塞栓症急性期:病態生理,診断,治療
  柏浦 正広 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科
12.肺動脈性肺高血圧症の非代償期:問診・検査・診断・治療
  田中 寿一 東京慈恵会医科大学 循環器内科
13.二次性肺高血圧の非代償期:成人先天性心疾患に合併した肺動脈性肺高血圧症
  武井 眞 済生会中央病院 循環器内科
  香坂 俊


連載
■え?知らないの?人工鼻と人工鼻フィルタの特徴
〈シリーズ構成:森實 雅司 済生会横浜市東部病院 臨床工学部〉
  平山 隆浩・落葉 佑昌 岡山大学病院 臨床工学センター
■Lefor’s Cornor:第39回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring. Part XX:Midline Catheters
  Tomoki Kohyama Department of Anesthesiology, Kyorin University School of Medicine
  Alan Kawarai Lefor Department of Surgery, Jichi Medical University
  Joho Tokumine Department of Anesthesiology, Kyorin University School of Medicine
■集中治療に関する最新厳選20論文
  田邊 翔太 松江赤十字病院 救急総合診療科
  吉田 英樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学

2021-03-05

【正誤表】下記の箇所に誤りがございました。ここに訂正するとともに, 読者の方々に深くお詫びいたします。

目次
(誤)8.心室不整脈の急性期治療:初期対応・初期診断・急性期/慢性期治療・特殊な病態の管理
(正)8.心室不整脈の急性期管理:初期対応・初期診断・急性期/慢性期治療・特殊な病態の管理

2021-02-17

【正誤表】下記の箇所に誤りがございました。ここに訂正するとともに, 読者の方々に深くお詫びいたします。

目次
(誤)11. 肺血栓塞栓症急性期:病態理,診断,治療
(正)11. 肺血栓塞栓症急性期:病態理,診断,治療

2021-02-15

【正誤表】下記の箇所に誤りがございました。ここに訂正するとともに, 読者の方々に深くお詫びいたします。

p.76 「機械的循環補助」10行目
(誤)これらの使い分けは心原性ショックに準ずるため,詳しくは「急性冠症候群のカテーテル治療:PCIの適応とタイミング」(49ページ)を参照していただきたい。
(正)これらの使い分けは心原性ショックに準ずるため,詳しくは「心原性ショックへの対応:診断・肺動脈カテーテル・薬物療法・機械的循環補助」(61ページ)を参照していただきたい。

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ