エッセンシャル脊椎・脊髄の画像診断

  • 未刊

スタンダードテキスト『関節のMRI』『脳のMRI』からのスピンオフ

待望の「脊椎・脊髄 編」出来!




弊社刊「関節のMRI」「脳のMRI」を補完する内容として、日常診療で遭遇することの多い疾患を中心に厳選、当該領域の画像診断のエッセンスを凝縮した実践テキスト。現場のニーズを踏まえ、MRI診断のみならず、単純X線写真、CT診断の解説も加える。箇条書きスタイルで読みやすく、2色・4色刷で見やすい。放射線科医のみならず整形外科、神経内科・脳神経外科等各科臨床医にも役立つ書。

¥10,450 税込
編集:上谷雅孝(長崎大学生命医科学域放射線診断治療学 特命教授)・神島 保(北海道大学大学院保健科学研究院医用生体理工学分野 教授)・藤本 肇(千葉大学医学部附属病院画像診断センター長)・森川 実(長崎大学病院放射線部 准教授)
ISBN
978-4-8157-3049-9
判型/ページ数/図・写真
B5 頁456 写真878 図21 表23
刊行年月
2022年7月
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

目 次

1章 画像診断モダリティの特徴と適応 (上谷雅孝・小池玄文・大木 望)
1.1 単純X線撮影  
1.2 CT  
1.3 MRI  
a. ルーチン撮像法 
b. 疾患に応じて追加すべき撮像法 

2章 正常解剖と正常変異 (大木 望)
正常解剖 
A. 頚椎 
B. 胸椎 
C. 腰椎 
D. 仙椎 
正常変異 
2.1 移行椎 transitional vertebra 
2.2 頭蓋頚椎移行部変異 craniovertebral junction anomalies 
2.3 癒合椎 congenital vertebral fusion 
2.4 半椎・蝶形椎 hemivertebra, butterfly vertebra 
2.5 椎弓癒合不全 posterior vertebral fusion abnormalities 
2.6 Schmorl結節 Schmorl node 
2.7 結合神経根 conjoined nerve root 
2.8 脊髄終糸脂肪腫 filar lipoma 
2.9 persistent terminal ventricleと終糸囊胞 persistent terminal ventricle and filar cyst 

3章 先天奇形,遺伝性疾患,発育異常
A. 先天奇形 (神島 保・寺江 聡) 
3.1 ChiariⅠ型奇形 Chiari I malformation 
3.2 ChiariⅡ型奇形 Chiari II malformation 
3.3 Klippel-Feil症候群 Klippel-Feil syndrome 
3.4 二分脊椎 spina bifida 
3.5 背側皮膚洞 dorsal dermal sinus 
3.6 割髄症 diastematomyelia 
3.7 前仙骨髄膜瘤 anterior sacral meningocele 
3.8 尾部退行症候群 caudal regression syndrome 
3.9 硬膜内くも膜囊胞 intradural arachnoid cyst 
3.10 硬膜外くも膜囊胞 extradural arachnoid cyst 
3.11 神経腸囊胞 neurenteric cyst 
B. 遺伝性疾患 (神島 保) 
3.12 神経線維腫症1型 neurofibromatosis type 1(NF1) 
3.13 神経線維腫症2型 neurofibromatosis type 2(NF2) 
3.14 軟骨無形成症 achondroplasia 
C. 発育異常 (神島 保) 
3.15 脊柱側弯 scoliosis 
3.16 隅角解離 anterior limbus vertebra 
3.17 Scheuermann病 Scheuermann disease 

4章 脊椎・脊髄外傷 (上谷雅孝・佐藤十紀子)
A. 脊椎骨折・脱臼 
4.1 Jefferson骨折 Jefferson fracture 
4.2 歯突起骨折 odontoid fracture 
4.3 ハングマン骨折 hangman’s fracture 
4.4 頚椎過伸展損傷 cervical hyperextension injury 
4.5 頚椎過屈曲損傷 cervical hyperflexion injury 
4.6 片側性椎間関節嵌頓 unilateral locked facet 
4.7 シャベル作業者骨折 clay shoveler’s fracture 
4.8 胸腰椎骨折・脱臼 thoracolumbar spine fracture and dislocation 
B. 軽度外傷または外傷の既往のない脊椎骨折 
4.9 硬直した脊椎に起こる骨折 fractures in rigid spine 
4.10 骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折 
osteoporotic compression fracture of spine 
4.11 腰椎分離症 lumbar spondylolysis 
C. 脊髄損傷 
4.12 脊髄損傷 spinal cord injury 
4.13 単純X線所見やCT所見に乏しい脊髄損傷 spinal cord injury without radiographic abnormality(SCIWORA) 
D. 硬膜外血腫・硬膜下血腫 
4.14 硬膜外血腫・硬膜下出血 epidural hematoma, subdural hematoma 

5章 脊椎・椎間板の変性疾患
5.1 変形性腰椎症・腰部脊柱管狭窄症 degenerative lumbar spondylosis, lumbar spinal canal stenosis(LSCS) (稲岡 努) 
5.2 腰椎変性すべり症 lumbar spondylolisthesis (稲岡 努) 
5.3 腰椎椎間板ヘルニア lumbar disc herniation (稲岡 努) 
5.4 変形性頚椎症 degenerative cervical spondylosis (稲岡 努) 
5.5 後縦靱帯骨化症 ossification of the posterior longitudinal ligament(OPLL) (福田健志・米永健徳) 
5.6 黄色靱帯骨化症 ossification of the ligamentum flavum(OLF) (福田健志・米永健徳) 
5.7 びまん性特発性骨増殖症 diffuse idiopathic skeletal hyperostosis(DISH) (福田健志・米永健徳) 
5.8 歯突起後方偽腫瘍 retroodontoid pseudotumor (福田健志・米永健徳) 

6章 脊椎腫瘍
6.1 血管腫 hemangioma (植野映子・渡辺洋志) 
6.2 類骨骨腫・骨芽細胞腫 osteoid osteoma, osteoblastoma (植野映子・丹内啓允) 
6.3 動脈瘤様骨囊腫 aneurysmal bone cyst(ABC) (植野映子・丹内啓允) 
6.4 骨巨細胞腫 giant cell tumor of bone(GCTB) (植野映子・丹内啓允) 
6.5 骨軟骨腫 osteochondroma (植野映子・渡辺洋志) 
6.6 良性脊索細胞腫 benign notochordal cell tumor (BNCT) (植野映子・丹内啓允) 
6.7 転移性骨腫瘍 metastatic bone tumor (植野映子) 
6.8 脊索腫 chordoma (植野映子・丹内啓允) 
6.9 Ewing肉腫 Ewing’s sarcoma (植野映子・渡辺洋志) 
6.10 リンパ腫 lymphoma (植野映子・渡辺洋志) 
6.11 白血病 leukemia (大木 望) 
6.12 形質細胞腫・多発性骨髄腫 plasmacytoma, multiple myeloma (大木 望) 
6.13 Langerhans細胞組織球症 Langerhans cell histiocytosis(LCH) (大木 望) 
6.14 腫瘍類似病変  (大木 望) 
a. 造血髄過形成 hyperplasia hematopoietic bone marrow 
b. IgG4関連疾患 IgG4-related disease 
c. 骨Paget病 Paget’s disease of bone 
d. 髄外造血 extramedullary hematopoiesis 

7章 脊髄腫瘍 (井手口怜子)
A. 脊髄腫瘍 総論 
B. 脊髄腫瘍 各論(疾患別) 
7.1 上衣踵 ependymoma 
7.2 粘液乳頭状上衣踵 myxopapillary ependymoma 
7.3 星細胞腫 astrocytoma 
7.4 血管芽腫 hemangioblastoma 
7.5 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 
7.6 髄内転移性腫瘍 intramedullary spinal cord metastasis 
7.7 海綿状血管腫・毛細血管腫  
a. 海綿状血管腫 cavernous hemangioma 
b. 毛細血管腫 capillary hemangioma 
7.8 神経鞘腫 schwannoma 
7.9 神経線維腫 neurofibroma 
7.10 髄膜腫 meningioma 
7.11 傍神経節腫 paraganglioma 
7.12 孤立性線維性腫瘍 solitary fibrous tumor(SFT) 
7.13 くも膜軟膜播種/髄膜癌腫症 leptomeningeal dissemination/meningitis carcinomatosa 
7.14 脊髄軟膜下脂肪腫・血管脂肪腫  
a. 脊髄軟膜下脂肪腫 spinal subpial lipoma 
b. 血管脂肪腫 angiolipoma 
7.15 奇形腫・類上皮囊胞/類皮囊胞  
a. 奇形腫 teratoma 
b. 類上皮囊胞/類皮囊胞 epidermoid cyst/dermoid cyst 

8章 脊椎の炎症・感染症・代謝性疾患 (神島 保)
8.1 関節リウマチ rheumatoid arthritis(RA) 
8.2 脊椎関節炎 spondyloarthritis(SpA) 
8.3 SAPHO症候群 SAPHO syndrome 
8.4 化膿性脊椎椎間板炎 pyogenic spondylodiscitis 
8.5 結核性脊椎炎 tuberculous spondylitis 
8.6 真菌およびその他の脊椎感染症 spondylodiscitis caused by fungus and other pathogens 
8.7 化膿性椎間関節炎 septic arthritis of the facet joint 
8.8 硬膜外膿瘍・硬膜下膿瘍 epidural abscess, subdural abscess 
8.9 傍脊椎膿瘍 paraspinal abscess 
8.10 ピロリン酸カルシウム結晶沈着症 CPPD crystal deposition disease 
8.11 石灰化頚長筋腱炎 calcific tendinitis of the longus colli 
8.12 小児椎間板石灰化症 pediatric idiopathic intervertebral disc calcification 
8.13 透析性脊椎関節症 dialysis-related spondyloarthropathy 

9章 脊髄血管障害 (田上秀一・安陪等思)
A. 脊髄血管奇形 
9.1 脊髄の血管解剖および血管奇形の分類  
a. 脊髄の血管解剖 
b. 脊髄動静脈シャントの分類 
9.2 脊髄硬膜動静脈瘻 dural AVF 
9.3 脊髄硬膜外動静脈瘻 epidural AVF 
9.4 脊髄周囲動静脈瘻 spinal perimedullary AVF 
9.5 脊髄髄内動静脈奇形 spinal intramedullary AVM 
9.6 骨内動静脈奇形 intraosseous AVM 
B. 脊髄梗塞 
9.7 前脊髄動脈症候群 anterior spinal artery syndrome
9.8 後脊髄動脈症候群 posterior spinal artery syndrome 

10章 脊髄の感染・炎症,脱髄・自己免疫疾患,代謝性疾患
A. 脊髄の感染・炎症 (中條正典・吉浦 敬) 
10.1 脊髄髄膜炎(化膿性,結核性,真菌性)  myelomeningitis 
10.2 感染性脊髄炎(化膿性,髄内膿瘍,髄内結核腫) infectious myelitis 
10.3 帯状疱疹性脊髄炎 zoster myelitis 
10.4 HTLV-1関連脊髄症 HTLV-1-associated myelopathy 
10.5 癒着性くも膜炎 adhesive arachnoiditis 
B. 脱髄・自己免疫疾患 (中條正典・吉浦 敬)
10.6 多発性硬化症 multiple sclerosis 
10.7 視神経脊髄炎(視神経脊髄炎関連疾患) neuromyelitis optica(neuromyelitis optica spectrum disorder) 
10.8 抗MOG抗体関連疾患 anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody-related disease 
10.9 急性散在性脳脊髄炎 acute disseminated encephalomyelitis 
10.10 横断性脊髄炎 transverse myelitis
10.11 脊髄サルコイドーシス spinal cord sarcoidosis 
10.12 Guillain-Barré症候群 Guillain-Barré syndrome 
10.13 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy 
C. 代謝性疾患/その他 (平賀利匡・鹿戸将史)
10.14 亜急性脊髄連合変性症 subacute combined degeneration of spinal cord 
10.15 放射線脊髄症 radiation myelopathy 
10.16 脳脊髄液漏出症 cerebrospinal fluid leak 
10.17 特発性脊髄ヘルニア idiopathic spinal cord herniation 
10.18 脊髄空洞症 syringomyelia 
10.19 平山病 Hirayama disease 

11章 術後変化 (大木 望)
11.1 術後感染 postoperative infection 
11.2 髄液漏 pseudomeningocele 
11.3 脊髄圧迫解除後の浮腫 postoperative spinal cord swelling 
11.4 ヘルニア再発と術後の線維性瘢痕 postoperative recurrent disc herniation and epidural fibrosis 

和文索引 
欧文索引



 本書は既刊の『関節のMRI第2版』から脊椎の項目を独立させ,日常臨床で遭遇することの多い脊椎・脊髄疾患の画像診断を扱う実用的なテキストを目指して編集されました.骨軟部領域に限定していた内容を広げ,神経放射線領域のエキスパートも加わった編集・執筆陣となっています.日常臨床で遭遇することの多い疾患,比較的まれであるが特徴的な画像所見が診断の鍵となる疾患をとりあげ,“エッセンシャル”をまとめました.本文は読みやすい箇条書きとし,画像を中心とした構成としています.最近の知見などもノートとして取り上げ,さらに深い内容を掘り下げるための文献を紹介しました.
 脊椎・脊髄の画像診断は一般診療や救急の場面でしばしば行われる検査の1つであり,たとえば脊椎のMRIは急性・慢性腰痛に対してほとんどルーチンで行われる検査となっています.しかし,腰痛ひとつにしてもさまざまな原因があり,MRIだけでなく,臨床所見を考慮し,他の画像診断モダリティを含めた診断を行うことが必要です.また,整形外科,リウマチ科,神経内科,脳神経外科などの医師とコミュニケーションをとり,画像診断として何を求められているかを把握しておくことも重要です.本書はこのような多面的アプローチを念頭におき,単純X線所見・CT・MRIなどの特徴的画像所見に加え,画像診断に際して知っておくべき病理・病態や臨床的事項を簡潔にまとめました.
 脊椎・脊髄疾患の画像診断のエッセンスを網羅しながら初学者でも読みこなせる内容になったと自負しています.脊椎・脊髄疾患診療に関わるあらゆる人にとって必読書となることを期待します.
 本書をこうして皆様のもとに届けることができたのは,企画・執筆にご尽力いただいた先生方のおかげです.メディカル・サイエンス・インターナショナルの菅野明氏,後藤亮弘氏,正路修氏にも丁寧な編集をいただきました.これらの方々に編者代表として,心から感謝いたします.

2022年5月
編者代表 上谷雅孝

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ