製薬医学入門 - くすりの価値最大化をめざして -

  • 未刊

2022年8月末発売予定!



日本における医薬品開発の創薬から市販後、ライフサイクルマネジメントまでを網羅的に解説した書。 創薬、安全性監視、関連法規の3部構成で、創薬については、治験や市販後調査について解説し、安全性監視についてはファーマコビジランスの解説およびそれを担うメディカルアフェアーズの役割と、求められるコンピテンシーについて詳述。関連法規では法整備や規制が推し進められてきた経緯や、製薬業界で働くうえで理解すべき法律および製薬協コードなどについて解説。製薬に携わる医療従事者必読の一冊。

¥5,940 税込
編集:内田一郎(大阪大学大学院薬学研究科)・芹生 卓(APCER Life Sciences/京都薬科大学)
ISBN
978-4-8157-3053-6
判型/ページ数/図・写真
B5変 頁224 図45 写真1 2色刷
刊行年月
2022年8月
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学を網羅する教科書

カテゴリ一覧

ページトップへ