総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 基礎医学関連科学 » 遺伝学・遺伝子工学 » 遺伝子診療よくわかるガイドマップ

遺伝子診療よくわかるガイドマップ
 - 初診から検査そして結果報告まで - 
このページを印刷する

遺伝子を調べて診断・治療に生かす
Dr.中山がギモンを解消!

具体的な対象者やその効果などイメージが掴みづらい遺伝子診療について、何がどのように行われているか、実際の診療の流れに沿って解説。遺伝学的検査や遺伝カウンセリング業務のきっかけになる時点から、検査を経てその結果を解釈し患者に伝えるまで、患者応対に際してのロールプレイシナリオやフローチャートを交え、現場の人が迷うこと、知りたいことを念頭に置き懇切丁寧に解説する。遺伝学的検査に必要な書類の作成例など、実用性の高い知識も提示。遺伝子診療に直接的・間接的に関わる医療者にとって、今すぐ使えるガイド。

著:中山智祥 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野教授
ISBN 978-4-8157-0142-0
定価 3,780円(本体3,500円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5変 頁148 図45
刊行年月 2018/11
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

第1章 遺伝子診療の流れ
1.1 遺伝子を調べることはすべて遺伝子に関連した「検査」なの?
1.2 遺伝子を調べる手法にはどんなものがあるの?
1.3 遺伝学的検査を行う場合とは?
1.4 遺伝学的検査の流れ

第2章 遺伝学的検査をする前に
2.1 どのようなケースで遺伝学的検査が行われるのか?
2.2 臨床検査の有効性を上げる方法がある?-感度、特異度、陽性適中率について
2.3 家系図の描き方
2.4 遺伝カウンセリングと同意書の取得
2.5 遺伝学的検査の費用

第3章 遺伝学的検査の方法
3.1 遺伝学的検査の種類
3.2 それぞれの遺伝学的検査手法の特徴
●未知のバリアントを調べる方法
3.3 サンガー法
3.4 次世代シークエンス法
3.5 MLPA法
3.6 マイクロアレイ法
3.7 PCR法
3.8 染色体分染法
●既知のバリアントを調べる方法
3.9 TaqMan®PCR法
3.10 染色体FISH法

第4章 遺伝学的検査に伴う書類
4.1 遺伝学的検査に必要となる書類
4.2 精度管理のために検査施設で必要な書類
4.3 遺伝学的検査の報告書

第5章 遺伝学的検査の結果の解釈のしかた
5.1 なぜ結果の解釈が重要なのか
5.2 結果を伝えるときの注意点
5.3 バリアントの種類
5.4 バリアントの表記法
5.5 バリアントの評価のしかた
5.6 どこまで伝えるか(二次的所見も含めて)

序文

...

関連書籍

医療に役立つ遺伝子関連Web情報検索

著:中山智祥 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野教授
  • 定価:3,024円(本体2,800円+税8%)
  • 刊行年月:2016/05/31

トンプソン&トンプソン遺伝医学 第2版

原著タイトル:Thompson & Thompson Genetics in Medicine, 8th Edition
監訳: 福嶋 義光 信州大学医学部遺伝医学・予防医学教室 教授
  • 定価:10,800円(本体10,000円+税8%)
  • 刊行年月:2017/03/27

遺伝医学やさしい系統講義18講

監修:福嶋義光 信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座
  • 定価:4,860円(本体4,500円+税8%)
  • 刊行年月:2013/10/01

一目でわかる臨床遺伝学 第2版

原著タイトル:Medical Genetics at a Glance, 3rd Edition
監訳:古関明彦 理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫器官形成グループ グループディレクター
  • 定価:4,104円(本体3,800円+税8%)
  • 刊行年月:2014/10/01

ゲノム医学

原著タイトル:Genetics and Genomics in Medicine
監訳: 菅野純夫 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授 福嶋義光 信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座教授
  • 定価:9,288円(本体8,600円+税8%)
  • 刊行年月:2016/03/25