総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 基礎医学 » 解剖学 » 臨床のための脳と神経の解剖学

臨床のための脳と神経の解剖学 このページを印刷する

学生から卒後まで、ずっと使える
臨床に直結したテキスト

臨床とのつながりを強く意識し、豊富なイラストを用いて解説した神経解剖学テキスト。冒頭で部位の解説をした上で、大部分を「運動系」、「感覚系」、「大脳皮質と辺縁系」、「内臓系」などの機能により章分けする構成になっており、臨床で出会う症候とその病変部位に関する理解が深められる。さらにコラム『臨床との関連』を随所に挿入。“臨床に出てからも使える教科書”として学生から臨床家まで幅広く有用。

原著タイトル Basic Clinical Neuroscience, 3rd edition
監訳,訳:
村上 徹 群馬大学大学院医学系研究科機能形態学准教授
櫻井 武 京都大学大学院医学研究科創薬医学講座特定教授

訳:松崎利行 群馬大学大学院医学系研究科生体構造学教授
ISBN 978-4-8157-0161-1
定価 7,344円(本体6,800円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 頁480 図288
刊行年月 2019/04
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Part I 中枢神経系の構成・細胞・局所解剖
Part II 運動系
Part III 感覚系
Part IV 大脳皮質と辺縁系
Part V 臓性系
Part VI 網様体と脳神経
Part VII 血管系と脳室系
Part VIII 発生,老化,および損傷へのニューロンの反応
Part IX 病変部位はどこか?
付録

目次詳細

序文

...

関連書籍

臨床のための解剖学 第2版

原著タイトル:Clinically Oriented Anatomy, 7th Edition
監訳: 佐藤達夫 東京医科歯科大学 名誉教授/東京有明医療大学 学長 坂井建雄 順天堂大学大学院医学研究科解剖学・生体構造科学 教授
  • 定価:15,120円(本体14,000円+税8%)
  • 刊行年月:2016/02/18