ここまでわかる急性腹症のCT 第3版

「急性腹症CT」の唯一無二のテキスト 待望のリニューアル
急性腹症の診断において有用なCTの活用法を解説したロングセラー、9年ぶりの改訂。 症例ごとにCT所見、診断、治療方針を示したあと、当該疾患について解説する。基本症例は100症例に増加し、関連症例を含め合計161症例を提示。 解剖、画像所見や疾患について必要事項をまとめた90項目の“ノート”を適宜配置するなど、読者の理解度を増す工夫も充実。最新の疾患分類やガイドラインなどを踏まえ記載内容も全面的に更新。救急医、放射線科医、外科医をはじめ、急性の腹痛を訴える患者を診る可能性のあるすべての研修医、医師にとって必携の実践テキスト。
¥7,920 税込
著者
著:荒木力 山梨大学名誉教授/健康科学大学学長
ISBN
978-4-8157-0135-2
判型/ページ数/図・写真
B5 頁488 図・写真815
刊行年月
2018/9/26
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Ⅰ章 なぜCTなのか 
Ⅱ章 ヘルニア(1) 
Ⅲ章 ヘルニア(2) 
Ⅳ章 虫垂炎・憩室炎 
Ⅴ章 腸炎・腸管虚血 
Ⅵ章 消化管穿孔 
Ⅶ章 腸管閉塞・イレウス(1) 
Ⅷ章 腸管閉塞・イレウス(2) 
Ⅸ章 肝・胆・膵疾患 
Ⅹ章 大動脈・出血 
ⅩⅠ章 泌尿器疾患 
ⅩⅡ章 婦人科疾患 

初版を上梓してから16年,第2版から9年が経過しました.急性腹症にCT? という時代から,CTが急性腹症の交通整理をする,CTが無ければあの患者さんは助からなかったという時代に変わってきました.CT装置の高速化が進み数分で全身をスキャンでき,簡単に冠状断像や矢状断像を表示できるようになりました.新しい知見も次々と発表されています.というわけで,メディカル・サイエンスインターナショナルの正路修氏の勧めもあり,第3版を上梓する運びになりました.本書は,救急医,放射線科医,外科医のみならず,腹痛を訴える患者さんを診る可能性のあるすべての医師を対象としています.本書の特徴と読んでいくうえで参考になると思われる点を以下に記載させていただきます.

1) 症例:本書はまず症例を提示し,読者に診断と治療方針を考えていただき,画像所見,診断と治療方針を示す,それから当該疾患について解説するという手順になっています.そもそも初版を執筆しなければと思い立ったのは,CTが施行されなかった,遅すぎた,あるいは適切に読影されなかったために,命を落とされた患者さんに立て続けに遭遇したからです.「臨床医は患者さんに学ぶ」という基本を忘れてはいけないという思いから,このような構成になっています.基本症例は100症例ですが,間違いやすい非典型症例,鑑別すべき症例なども並べてあるので,実際には161症例になっています.
2) ノート:本文を理解する上で必須となる解剖,画像所見や疾患について,必要に応じて図表を使って解説しました.ノート1~90まであります.
3) 脚注:簡単な補足事項を示しています.人名については,本国での発音に近いカタカナを併記しました.何て呼べばいいの? ということが少なくないからです.
4) Q&A: 関連事項に関する質問(Q)です.一度考えてからAをご覧ください.
5) キーポイント:各症例で解説した事項のまとめです.心に留めておいてください.
6) 腹膜腔と腹膜外腔:臨床では解剖用語を無視して,腹腔という用語が(一部ではあると思いますが)腹膜腔を指していることがよくあります.腹膜腔と腹膜外腔(後腹膜腔を含む)の区別に混乱がある方は,p.162ノート28,p.163図7,p.177ノート33,p.178図4,および,p.423ノート83,p.425症例94図4をまずご覧ください.
7) イレウス:「閉塞性(機械的)イレウス」に代わって「腸管閉塞」,「機能的イレウス」を指す用語として「イレウス」が国際的に推奨されています.本書では混乱を避けるため,必要に応じて併記するようにしました.

連続する猛暑日のなか,鳴きはじめた蝉の声を聴きながら
2018年8月

荒木 力

2018-09-28

以下の文字をクリックすると新しいタブで画像を見ることができます。

p.37 図5

p.195 図3

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ