NeuroICUブック

  • 未刊

2021年9月末発売予定!



これからのICUのスタンダード、初の日本語版

定評あるneurointensive care領域の包括的テキスト、待望の翻訳。症例を交えた解説で、日常臨床に直結する知識が得られる。ICUケア実践に際して、脳神経系も含む全身の管理・機能予後を前提にする考え方と知識の重要度が増してきている中で、、集中治療に必要な全身管理だけでなく神経学までを1冊にまとめた本書は貴重。ベストセラー「ICUブック」との併読でさらに理解が深まる。これから集中治療を学ぶ初学者から、中堅・ベテラン医まで最適。

¥13,200 税込
監修:黒田泰弘(香川大学医学部救急災害医学 教授/香川大学医学部附属病院救命救急センター センター長)・永山正雄(国際医療福祉大学大学院医学研究科・医学部脳神経内科学 教授/国際医療福祉大学熱海病院脳神経内科 教授,脳卒中・神経センター センター長) 監訳:横堀將司(日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野 教授/日本医科大学付属病院高度救命救急センター センター長)・江川悟史(医療法人社団武蔵野会 TMGあさか医療センター 神経集中治療部 部長,集中治療部 部長/脳神経外科・脳卒中てんかんセンター)
ISBN
978-4-8157-3010-9
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁1184 図524
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ