総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学雑誌 » INTENSIVIST » INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2017年1号

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2017年1号 このページを印刷する

特集:ICUエコー

Point-of-Care Ultrasoundという概念の普及とともに種々のエビデンスも発表され,世界中で医師が自ら行うベッドサイドでの超音波診断に注目が集まっています。近年のICUでは,直ちに使用できる超音波機器を必ず備えています。X線検査をオーダーしたり検査技師に超音波検査を依頼するより,医師が自ら超音波機器で診断すれば,少なくとも数十分は早い診断,Decision-Makingができます。また,侵襲的手技も超音波ガイド下に行えば多くの眼で確認でき,必要最低限の侵襲で完了できます。本特集の目的は,超音波検査・診断技術をもっている医師には診断手技の確認および若手医師への包括的教育に用いられる内容となることであり,若手集中治療医には超音波診断を習得していくうえで1つのガイドとなることです。

INTENSIVIST Vol.9 No.1 2017 (特集:ICUエコー)
動画再生ページはこちら

  • 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care=JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。
  • 毎号1つのテーマを決め、最新のエビデンスに基づいて、現在わかっていること/わかっていないことを検証、徹底的に解説。施設ごとに異なる診療を見直し、これからの集中治療のスタンダードを提示する。
  • 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。
  • 集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、臨床工学技士、さらには各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。

JSEPTIC ホームページ
特定非営利法人 日本集中治療教育研究会

責任編集:
野村 岳志 横浜市立大学大学院医学研究科 麻酔科学
真弓 俊彦 産業医科大学 救急医学講座
ISBN 978-4-89592-985-1
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
刊行年月 2017/01
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Critical Care Ultrasonography:明日のintensivistsに向けて!
  野村 岳志 横浜市立大学大学院医学研究科 麻酔科学

Part 1 総論
1.超音波検査法の基礎:原理,モード,走査方式,アーチファクト
  紺野 啓 自治医科大学 臨床検査医学
2.超音波検査の基本:プローブ操作,適正画像,画像保存の基礎
  西周 祐美 横浜市立大学大学院医学研究科 麻酔科学
3.ICUにおける超音波診断の役割:Point-of-Care Ultrasonography(POCUS)
  亀田 徹 安曇野赤十字病院 救急科
  谷口 信行 自治医科大学 臨床検査医学

Part 2 Intensivistsに求められる超音波診断
●中枢神経系
4.経頭蓋ドプラ:transcranial Doppler ultrasonography
  石田 和慶・山下 敦生・山下 理 山口大学大学院医学系研究科医学専攻 麻酔・蘇生学講座
5.ophthalmic sonography
  小山 洋史 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

●気道呼吸器系
6.気道エコー
  山口 嘉一 横浜市立大学大学院医学研究科 麻酔科学
7.肺エコー
  鈴木 昭広 東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座
  吉田 拓生 東京慈恵会医科大学 麻酔科・集中治療部
 【コラム】急性呼吸不全の鑑別診断:COPD増悪 vs. 心不全
       川上 大裕 神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科
       瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター
●循環器系
8.経胸壁心エコー
  表 俊也・佐藤 直樹 日本医科大学武蔵小杉病院 循環器内科・集中治療室
9.経食道心エコー
  清野 雄介 東京女子医科大学 麻酔科
 【コラム】ICUにおけるTTEとTEEの使い分け
       塩塚 潤二 沖縄県立中部病院 集中治療部
10.エコーによる輸液反応性の評価
  園生 智弘 日立製作所日立総合病院 救急集中治療科/東京大学大学院医学系研究科 救急医学
11.血栓の評価におけるエコーの役割
  松尾 耕一 新東京病院 集中治療部
12.急性肺塞栓症の心エコー所見
  福井 悠 東京ベイ・浦安市川医療センター 循環器内科
  則末 泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科 集中治療部門
 【コラム】ICUでチェックしたい心機能の項目
       山本 剛 日本医科大学付属病院 心臓血管集中治療科
 【コラム】rapid response system(RRS)とエコー
       松本 敬 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科

●腹部消化器系・尿路系
13.肝臓,胆嚢,膵臓
  畠 二郎 川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波)
 【コラム】経腸栄養における超音波の役割
       東 倫子,松田 直之 名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
14.上腸間膜動脈などの血流評価
  金田 智 東京都済生会中央病院 放射線科
 【コラム】下痢の評価におけるエコーの役割:C. difficile腸炎を中心に
       中島 幹男 都立広尾病院 救命救急センター
15.泌尿器の超音波検査
  松本 敬
 【コラム】腎移植後のエコーでの血流評価
       堀見 孔星 愛知医科大学医学部 外科学講座(腎移植外科)

Part 3 超音波ガイド下手技
16.血管穿刺
  東 秀律 武蔵野赤十字病院 救命救急センター
  安田 英人 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科
17.心囊ドレナージ:「めったにやらない手技」だからこそ「エコーを用いて安全・確実」に
  小室 哲也 湘南鎌倉総合病院 集中治療部
18.胸腔,腹腔ドレナージ
  白石 吉彦 隠岐島前病院 総合診療科
19.経皮的気管切開
  二階 哲朗 島根大学医学部附属病院 集中治療部
  
連載
■Lefor’s Corner:第23回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring Part Ⅳ. 
  Central Venous Access─Device Selection
  Misato Maeno・Alan Kawarai Lefor Department of Surgery, Jichi Medical University
■港島ICU×ICTカンファレンス:第2回:水汚染を伴った開放骨折
  蓮池 俊和 神戸市立医療センター中央市民病院 総合内科・感染症科
  是永 章 神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科
  瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター
■え?知らないの?新しい心拍出量モニターの使い方
  中村 充輝 奈良県総合医療センター 臨床工学技術部
■Methodsを読むMethod:第4回:生存時間分析を理解していますか?
  笹渕 裕介 東京大学大学院医学系研究科 ヘルスサービスリサーチ
■Journal clubをやってみよう:第4回:Methodsを読む!
 ③研究デザインと結果に与えるバイアス・交絡因子:実践編
  安田 英人 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科/
       慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程医療科学系 臨床研究学
■集中治療に関する最新厳選20論文
  柳井 真知 聖マリアンナ医科大学 救急医学
  藤谷 茂樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学/東京ベイ・浦安市川医療センター

関連書籍

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)年間購読[2017年版]

  • 定価:9,504〜19,008円(本体8,800〜17,600円+税8%)