救急・当直に役立つ画像診断マニュアル

救急現場でパッと確認 当直前にサッと整理
  • 典型的な症例を中心に救急画像診断を包括的、かつコンパクトに凝縮。
  • 救急画像診断で重要な頭部・腹部・骨盤領域を中心に、解剖学的部位ごとに構成。
  • 単純X線写真・超音波・CT・MRIなど、疾患ごとに最も有効なモダリティを用いて解説。

  • 画像の解説のみならず、疾患の概念や症状・症候・鑑別診断などの臨床事項や治療に関しても言及。

  • 救急外来のみならず入院患者の急性疾患にも対応。

  • 救急医療に携わる放射線科医や当直医のために。

¥5,940 税込
原著タイトル
Manual of Radiology : Acute Problems and Essential Procedures, 2nd Edition
原著者
Clifford R. Weiss, Oleg M. Teytelboym, Nafi Aygun, John Eng
監訳:中島康雄 聖マリアンナ医科大学放射線医学 教授    松本純一 聖マリアンナ医科大学救急医学 講師 監訳協力:日本救急放射線研究会教育委員会
ISBN
978-4-89592-663-8
判型/ページ数/図・写真
A5変 476頁 写真 189 図・表 97
刊行年月
2011/1/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Part I 頭部・脊椎
Part II 胸部
Part III 腹部
Part IV 骨盤
Part V 四肢
Part VI 手技
Part VII 参考資料

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ