ウィリアムズ血液学マニュアル 第2版

血液学の名著“Williams”から派生した診療マニュアル、さらに充実、大改訂
血液学の世界的名著、Williamsのテキストに準拠した臨床マニュアル。血液疾患全般について、疾患別に病因と病態生理、臨床所見、検査所見、鑑別診断、治療と経過に至るまできめ細かく提示。文章は簡潔にして読みやすい。診療の実地マニュアルにとどまらずミニテキスト的な充実度を保持。特に重要疾患であるリンパ腫、骨髄腫、白血病に関しては、多様な病型や疾患分類を踏まえ詳しく解説。血液内科入局後の研修医から専門医をはじめとした臨床家に好適な1冊。
¥9,240 税込
原著タイトル
Williams Manual of Hematology,8th Edition
監訳:奈良信雄 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科臨床検査分野教授・東京医科歯科大学医歯学教育システム研究センター長
ISBN
978-4-89592-754-3
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁768 図・写真148
刊行年月
2013/9/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Part 1 血液疾患の臨床評価
Part 2 赤血球系疾患
Part 3 顆粒球系疾患
Part 4 単球とマクロファージの障害
Part 5 造血器腫瘍治療の原則
Part 6 クローン性骨髄疾患
Part 7 多クローン性リンパ性疾患
Part 8 単クローン性リンパ球,形質細胞系疾患
Part 9 血小板異常と凝固異常
Part 10 凝固蛋白の異常
Part 11 血栓と抗血栓療法
Part 12 輸血と血液アフェレシス

2013-11-06

470ページ 下から2行目

(誤)cyclophosphamide 10 mg/日 
(正)cyclophosphamide 100 mg/日

2013-11-06

718ページ 下から6行目

(誤)年間10 万人あたり約4.5 人である。
(正)年間100 万人あたり約4.5 人である。

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ