INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2024年2号

  • 未刊

2024年5月下旬発売予定!



特集:ショックのPatient Journey



本特集ではショックをテーマに,「患者のICU入室から退室まで」のPatient Journeyについて症例を用いて解説します。Patient Journeyと冠したのは,特に手のかかるショック症例を入室から退室まで時系列で学んでいただきたいからです。テーマはショックですが,ショックを切り口にICU管理全般を,そして多くの集中治療医が日々悩んでいるであろうエビデンスやガイドラインでは明確にされていない点を論じます。



INTENSIVIST0号(創刊当時の座談会の模様)はこちら



 




  • 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care=JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。

  • 毎号1つのテーマを決め、最新のエビデンスに基づいて、現在わかっていること/わかっていないことを検証、徹底的に解説。施設ごとに異なる診療を見直し、これからの集中治療のスタンダードを提示する。

  • 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。

  • 集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、臨床工学技士、さらには各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。



 











JSEPTIC ホームページ

特定非営利法人 日本集中治療教育研究会




 

¥5,060 税込
責任編集:小野 雄一郎(兵庫県立加古川医療センター 救急科)・小谷 祐樹 (亀田総合病院 集中治療科)・ 林 淑朗 (鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科
ISBN
978-4-8157-2080-3
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

1.Opening Remark ショックの巨人 Dr. Max Harry Weilが始めた物語
 小野 雄一郎 兵庫県立加古川医療センター 救急科
2.外傷性出血性ショック:蘇生 外傷性失血死を防ぐhemostatic resuscitation
死の三徴を回避するためのdamage control戦略
 清水 裕章 兵庫県立はりま姫路総合医療センター 救急科
3.外傷性出血性ショック:de−resuscitation appropriate careを阻むICU管理のジレンマ
機能的再建,体液管理,VTE予防の最適化
 田原 慎太郎 兵庫県立加古川医療センター 救急科
4.心原性ショック:蘇生 薬学的循環補助と機械的循環補助の選択
重症度分類をふまえた治療戦略の決定
 川上 将司 飯塚病院 循環器内科
5.心原性ショック:de−resuscitation 機械的循環補助からのde−resuscitation戦略
最適なstabilizationこそ離脱成功の鍵
 澤田 賢一郎 国立循環器病研究センター 心臓血管系集中治療科
6.ECPR後の集中治療管理
二次性脳損傷を最小化するためのde−resuscitation
 森山 太揮・井上 明彦 兵庫県災害医療センター 救急部
【コラム】侵襲的モニタリングはショック患者の予後を改善し得るか?
 桂 欣宏・西川 貴史 神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科・集中治療部
 瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター
7.敗血症性ショック:蘇生 step beyond SSCG 2021
最新のエビデンスをふまえたベストプラクティス
 柴田 泰佑 鉄蕉会亀田総合病院 救命救急科
 小谷 祐樹 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科
8.敗血症性ショック:de−resuscitation 蘇生輸液のevacuationはいつ・どのように・どこまで行う?
安全域を意識した体液管理
 徳山 裕貴 奈良県総合医療センター 集中治療科
 亀井 純 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野
【コラム】乳酸は敵か味方か?
 浅田 敏文・土井 研人 東京大学医学部附属病院 救急・集中治療科
9.肺血栓塞栓症の管理
重症右心不全を意識した,支持療法と根本治療
 熊城 伶己・武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 救命救急センター
10.開心術後:蘇生 「先生,今,入室した心臓術後の患者さん,血圧下がってます」
多彩な原因を鑑別し,介入するための道標
 原田 佳奈 国際医療福祉大学大学院医学研究科 博士課程 社会医学研究分野/元 東京都立墨東病院 集中治療科
11.開心術後:de−resuscitation 開心術後管理,下から見るか?横から見るか?①
集中治療医が語る体液管理・人工呼吸器離脱
 小中 理大・三反田 拓志 東京ベイ・浦安市川医療センター 集中治療部門
12.開心術後:de−resuscitation 開心術後管理,下から見るか?横から見るか?②
心臓外科医が語る体液管理・人工呼吸器離脱
 吉野 邦彦 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科
13.Closing Remark ショック管理の未来
Beyond journey’s end
 小谷 祐樹 

特別寄稿
ICUのPatient Journeyチュートリアル
 小野 雄一郎 

連載
■え?知らないの?吸入一酸化窒素療法
〈シリーズ構成:上岡 晃一 東京医科大学病院 臨床工学部〉
 伊藤 朋晃 小倉記念病院 臨床工学課
■集中治療に関する最新厳選20論文
 田邊 翔太 松江赤十字病院 救急部
 吉田 英樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学

おすすめ商品

脳科学を網羅する教科書

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

エビデンスの先のベストプラクティスを描くクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

救急に関わるすべての医療者のための総合誌

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

カテゴリ一覧

ページトップへ